2013年07月30日

NHK守口教室

こんにちは。瀧口です。

NHK文化センターのカルチャースクールにて
光の実験をおこないます。

その資料写真を少々載せさせていただきます。

鏡って何? というものです。

鏡にものが映るのは、どうしてでしょうか。


結論から言うと、光がきれいに反射するためです。

人がものを見るためには、「光と目と脳」が必要です。
正確には「光と光を受信するもの(目)と受信したものを認識するもの(脳)」が必要です。

どれが欠けても、ものを見ることはできません。
目や脳の機能については置いておいて、
ここでは光についてのみ扱います。

鏡では、光が、きれいに反射します。
きれいにというのも抽象的ですが、部分的に反射したり、
反射する方向がばらばらになったりすると、ものはきちんと映りません。

たとえば鏡にレーザーポインタの光を当てると、
どこに当ててもきれいに(鏡の面に対して入射角と反射角が同じになるように)反射します。

P7296033.JPG
 鏡にレーザーポインタの光を当てた場合。
 きれいに反射していますね。


紙や木にあてると、少しは反射するのですが、ほとんど見えません。
ですので、紙や木に姿が映ることはありません。
P7296035.JPG
 紙に当てた場合。

P7296036.JPG
 木に当てた場合。


ではアルミホイルではどうか。
アルミホイルをかざすと、若干、鏡のように姿が映りますよね。

レーザーポインタの光を当てると……
P7296037.JPG
 かなりしっかり反射します。が、微妙にぼやけていますね。
 微妙にずれて反射するということですね。これでは目の中で像が結びません。
 イコール、ちゃんとした鏡としては使えません。


続いてアルミの板。
アルミの板は、表面が白くぼやけたように見えます。1円玉がそうです。

P7296040.JPG
 反射してはいますが、やはりぼやけていますね。

では、このアルミの板をつるつるに磨き上げるとどうなるか。
光がちゃんと反射しない、ぼやけるというのは、表面に目に見えないくらいの
でこぼこがあるからかと思います。
ですので、そのでこぼこがなくなるように、金属磨き粉で磨いてみます。

磨いたアルミの板。
P7306057.JPG
 今度はきれいに反射しましたね。進むほど光の量が少なくなっていますので
 暗くはなりますが、線の細さとしては充分に細い(ぼやけない)です。

実際に、磨いたアルミの板を見ると、姿が映ります。
P7306050.JPG
このようにカメラが映ります。


鏡とは、光をきれいに反射させるものである。
逆に言えば、光をきれいに反射させるものであれば、鏡になる、ということが
分かります。


以下資料写真です。
P7306044.JPG
 鏡。

P7306046.JPG
 紙。

P7306043.JPG
 木。

P7306045.JPG
 アルミホイル。

P7306047.JPG
 アルミの板(アルミニウムの板)。

P7306051.JPG
 アルミの板をみがいたもの。

P7306052.JPG
 金属磨き粉。これとティッシュでアルミの板をみがきました。

P7306053.JPG
 6種類全部。

……現在の知識と経験があれば、夏休みの自由研究も楽しくやれたろうなぁ。

 瀧口
posted by アースサイエンス at 12:18| 報告

2013年07月19日

7月17日(水)アインシュタイン水曜日クラス

こんにちは。瀧口です。

7月17日(水)のアインシュタイン(京都小5)クラスの報告です。
テーマは「走れジェットコースター!」です。

P7175844.JPG
 巨大ルーーープ

P7175841.JPG
 今日は許される机の上乗り。

P7175851.JPG
 もう一回ループしよう。

P7175852.JPG
 いくよー。


うまくいかなかったら人のせいにしたり。

学校の教育って、みんなで何かをやりとげる活動をするときって、
充分な時間を取って先生も指導をして必ず成功するように
ある程度形になるようにしてるから、
失敗したときの心の持ち方とか学ぶ機会が少ないんですよね。


私がこのアースサイエンス教室でお子さんたちに身に付けて欲しいことの1つに、
「自分の行動に責任を持つ」があります。

今回の実験であれば、コースを作る時間は充分にとります。
そして当然ながら、制限時間を設けます。

で、制限時間でばっさり切ります。
できてようができてまいが。

具体的には、コース作りに、1時間50分ほどの時間を取ります。
はっきりいって、充分な時間です。
30分でもかんたんなコースはできます。
つくろうと思えば何日もかけて長大なコースをつくることも
できますが、キリはないので、1時間50分。
1つのコースを作るに短すぎることはない、充分な時間です。


1時間50分後に、発表(お披露目)することも伝えてあります。

1時間20分くらいはコースの拡張に使ってもいいけれど、
あとの30分は、100発100中になるように、微調整に入ると
良いよ。ということも伝えます。

が、実際にやってみると、
1時間50分後に発表できるようになるグループは、10グループのうち
2グループぐらいです。だいたいのグループは、時間になってもゴールが
できていません。

1時間50分後に発表できるようになるグループは、
やっぱり1時間20分くらいからはひたすら成功率を上げる作業をしています。


そうでないグループは、だらだらと時間いっぱいまでコース作りをして、
ほとんど成功しないままゴールもろくにできていないまま打ち切りとなります。

2時間とっていても2時間30分とっていても、
逆に1時間であったとしても、どの制限時間にしたとしても、
発表できるようにならないグループです。時間に対する意識がないので。
先生か誰かがお尻をたたかないと、収束に向かわないのです。

私も見ていて、「このグループは制限時間内に終わらないな」と
分かりますが、何も言いません。失敗させます。

コースができてなくても、終わり。お披露目発表させます。

そして、恥をかきます。

このとき、人のせいにしたり、自分のグループではない顔をしたり、
グループの自分ではない別の誰かに発表をさせようとしたり、
さっきは成功したんだけどなーと言ったり、ごまかすために笑ったりする
姿が見られます。

で、私は、そこを、指摘します。

・時間は、有限。
・1回や2回成功したかもしれないけれど、本番に成功しないと、認められません。
 オリンピックでも、入試でも、面接でも、テストでも、そうです。
・人のせいにしない。できないのは、自分のせい。たしかに現象としては
 ○○くんがひっかけて壊したかもしれない。でも、壊れるような場所に作るのを
 許可したり黙認したのは、キミ。あやまってひっかけたりすることが無いように、
 そこを通るのを禁止にすることもできたはず。壊すことの予想をして、
 壊れないような策を講じなかったのは、自分にも責任があります。
・これは誰のコース? グループ員全員のコースです。責任を持ちなさい。
 知らん顔をして、逃げるな。

※こういう厳しい言い方はあまりしませんが。お子さんの様子を見ながら、
 話す内容、口調を変えます。5年生。しっかりした子もいれば、幼い子もいます。
 意味が分かりそうな子にはちゃんと言います。この子にはまだ早いなと思ったらスルー。


失敗は良いのです。
今回、時間がどれくらいかかるか分からず、コースを完成させることが
できなかった。お子さんというのはそんなものです。未来予想が下手。
でも、たぶん次にやれば、できるグループは増えます。
リアルな失敗を通して、そこから学べるものを吸収することができるようになる力が
身につきます。

失敗をさせないのが良いのではなくて、
失敗をしたときに、じゃあどうしようかを考えられるようになることが大切なのです。

成功も失敗も、自分のもの。
失敗は、べつに悪いことではなくて、改善点が見つかるわけで
何もしない人より成長しています。


なんかこうやって書くと、楽しそうな回なのに恐い回なのかな、先生恐いのかな、
と思われたかもしれません。んが、まじめに、自分のこととして取り組んでいれば
楽しいし普通に学びの多い回です。そして、何か問題があって注意されたとしても、
それはそれで大切なことだと思います。それこそ失敗から学べるのですから。

 瀧口
posted by アースサイエンス at 23:16| 報告

2013年07月18日

7月14日(日)ホーキングクラス

こんにちは。瀧口です。

7月14日(日)のホーキング(京都小6〜中3)クラスの報告です。
テーマは「飴細工に挑戦!」です。

飴細工はお祭りなどで見かける、飴を使った細工です。

しゃれた喫茶店でケーキを注文したときに、飴がしゅわーっと
綿というか絹のように細い糸になったものがケーキの上に載っていて、
甘くて繊細に融けておいしかったので、「これだーー!」と
テーマに入れました。飴の可能性を感じました。(力説。)

P7145808.JPG
 水あめを炊きます。

P7145812.JPG
 ねりねりします。

P7145816.JPG
 こねこねします。

P7145818.JPG
 こんな感じで飴玉ができます。

P7145820.JPG
 かわいいですね。

P7145827.JPG
 バラの花を作ってます。写真だとよく見えませんが、
 リアルで見ると上手かったです。

P7145830.JPG
 きのこ。(……なぜ。)

P7145834.JPG
 できた飴を最後にラッピングしました。


s-IMG_4766.jpg
 これは私の予備実験のときの作品です。

s-IMG_4767.jpg
 これも。

s-IMG_4776.jpg
 はひふへほ。しっぱい。のろわれそう。

s-IMG_4769.jpg
 いろいろためしました。

s-IMG_4772.jpg
 立体的なのも。


飴は熱いうちはやわらかいですが、手で扱っているとすぐに固くなります。
その固くなるまでの時間で作品を作るので、なかなかみんな苦労していました。
で、失敗を繰り返して、うまくいく作品を作ったという感じです。


 瀧口
posted by アースサイエンス at 22:47| 報告