2013年06月29日

6月29日(土)プチサイエンティストクラス

こんにちは。瀧口です。

6月29日(土)のプチサイエンティスト(神戸小4〜小5)クラスの報告です。
テーマは「イカの解剖」です。

カタクチイワシとホタテとイカの解剖をしました。

2013年06月プチサイエンティスト1.JPG
 カタクチイワシです。というか煮干しです。
 煮干しにも実は内臓が。まあそうなんですが、見えないことにしたい現実。。。

2013年06月プチサイエンティスト2.JPG
 イカを切っています。

2013年06月プチサイエンティスト3.JPG
 イカの身体にもエラ、心臓、脳、肝臓、胃、小腸、などの
 臓器が入っています。もちろん墨袋や目、食道なども。

イワシにもホタテにもイカにも、エラがあります。
別々に進化しているのに、同じようにエラ(水中から酸素を取り入れる器官)が
あるというのは、ちょっとすごいことです。

酸素を吸わずに生きていける生物はいないのでしょうか。

そもそもどうして生物は「酸素」を取り入れる必要があるのでしょうか。

酸素の無い時代の生き物は、どうしていたのでしょうか。


やればやるほど疑問が。



まあとりあえずお子さんたちは、ホタテやイカのにおいにウッとなってました。

本物の体験とか、生きる、っていうのは、きれいなもの、いいにおいの
ものばかりじゃないですものね。

 瀧口
posted by アースサイエンス at 22:38| 報告

6月29日(土)チャレンジャークラス

こんにちは。瀧口です。

6月29日(土)のチャレンジャー(神戸小2〜小3)クラスの報告です。
テーマは「エジソン電球をつくろう」です。

2013年06月チャレンジャー1.JPG
 今日のテーマは電気です。

2013年06月チャレンジャー2.JPG
 電球ってどんな仕組みになってるの?

2013年06月チャレンジャー3.JPG
 電気が流れるとものには何が起こる?

2013年06月チャレンジャー4.JPG
 つくりました。


丁寧に作業していました。

 瀧口
posted by アースサイエンス at 22:02| 報告

2013年06月27日

6月27日(木)ガリレオ木曜日クラス

こんにちは。瀧口です。
6月27日(木)のガリレオ(小2〜小3)クラスの報告です。

テーマは「青銅鏡をつくろう」です。

2013年06月ガリレオ木1.JPG
 銅と錫(すず)をはかります。

2013年06月ガリレオ木2.JPG
 熱して溶かして合金(青銅)になったものを、みがきます。

2013年06月ガリレオ木3.JPG
 みがくとこんな鏡になります。

今日は2人だったので普段より時間に余裕があるはずだったのですが、
時間押しました。

決して油断はしてなかったのですが。
めちゃ丁寧に作業したい! とか、つい気が散ってしまう! など
何らかの事情で時間のかかる子に、どこまで付き合うかはむずかしいところです。

(ちなみに私は、作業を丁寧に丁寧にやりすぎて、いつもものすごい
 時間かかる小学生でした。)

1人はすでに終わっているのに、1人はマイペースにゆっくりやっている。

自分に自信が持てる。自己肯定感を感じられるようにするためには、
ゆっくりマイペースに付き合うことです。

基本は付き合います。

でも、現実には他者も関わってくる。1人はヒマしてる。
付き合える限界の時間というものもある。
付き合ってきたけれど、最後の方にどうしても時間なくなって、
じゃあしょうがないからちょっと手伝ったりする。
すると「自分でやりたかった」と不満を言われたりする。

むずかしー!


教育では常に直面する葛藤ですよね。

理想とする教育がある。でも現実には時間も物も人も無限にはない。


まあ誰でも、一人で生きていくわけじゃありませんしね。

理想を持ちながら、そして、現実世界で、折り合いつけながらやっていきます。

一歩一歩進むしか、ないんです。

 瀧口
posted by アースサイエンス at 21:33| 報告